トップページお知らせ

平成29年度「ひとり親家庭相談事業」相談員公募(二次)

 当法人では、「神奈川県平成29年度ひとり親家庭夜間休日電話相談事業」の運営受託団体として応募いたしました。つきましては、当法人が受託団体として選定されることを前提に、係る相談事業に携わる相談員を下記の通り二次募集いたします。
 なお、前提の条件が満たされなかった場合は、無効になるとともに、今後の実施によっては事業内容に変更が生ずる可能性があり得ることを予めご了承願います。

【募集期間】平成29年8月16日(水)~9月5日(火)必着
【稼働地域】都内(予定)
【エントリ方法】 募集要項を熟読のうえ、以下のエントリーページからエントリーし、必要書類を送付してください
【エントリーページ】http://279338.jp/seminar/koubokanagawa.html
【事業の実施期間】 採用後、契約日から平成30年3月31日まで


ファイルイメージ

募集要項


ファイルイメージ

様式1


ファイルイメージ

様式2

 

 


 

 

様式1および様式2のWORD書式がうまく見られない場合は右のPDFをダウンロードしてご利用ください。


ファイルイメージ

様式1


ファイルイメージ

様式2


<公開講座>ノルウエーから学ぶ ギャンブル依存症の理解と支援

<よりそいホットライン公開講座>

ノルウエーから学ぶギャンブル依存症の理解と支援

ゲストスピーカー:

Jonny Engebo (ノルウェー政府規制当局 上級アドバイザー、社会学者)
滝口 直子 (大谷大学教授) 
佐藤 香(NPO法人全国女性シェルターネット事務局長、パープル・ユニオン執行委員長) 

内容


ギャンブルによって引き起こされる社会的な害は、ギャンブラーやその家族を苦しめています。借金、貧困問題、窃盗、女性へのDV,子供への虐待など社会や家族に及ぼす害は多岐に渡ります。社会にとって良くないことであるし、この害を最小化していかなければいけません。しかし、ギャンブルを完全に禁止するのは非現実的であります。そこで、今回の公開講座では、ギャンブルがあったとしても、害を最小化するためには何が必要なのか?みなさんと学びたいと思います。ゲストの1人、Jonny氏は、ノルウエー政府で害の最小化政策に取り組んでおられる方です。世界で最も徹底したギャンブルによって起こる害の最小化政策を実施しているノルウェー政府から学ぶことはとても貴重であり、大切なことです。また、日本の現状を踏まえたギャンブル依存症について、女性支援から見える依存症の問題についてなどのお話しもいただきます。


ファイルイメージ

お申込書

  • 日時:9月12日(火)13時30分~16時(13時開場)
  • 会場:文京区区民センター 2-A会議室(文京区本郷4-15-14)
  • 参加費:無料 (定員200名)
  • 申し込み:申込みは,チラシの裏面の申込書にご記入のうえ, FAXもしくはメールにてお申し込みください。
  • 問い合わせ:kouza@279338.jp
  • 主催:一般社団法人 社会的包摂サポートセンター

ゲストスピーカーの紹介


Jonny Engebo(ノルウェー政府規制当局 上級アドバイザー、社会学者)

害の最小化(ギャンブル依存ゼロを目指して)の政策立案、実施、査定の分野におけるヨーロッパでのリーダー的な存在であり、ヨーロッパにおける様々な取り組みを学会で発表し注目されている。また、職場における依存症の初期発見と、治療回復につなげるための支援を行っている。


滝口 直子(大谷大学教授) 

病的賭博やアルコール・薬物依存といった依存症について依存症の本人や病気の後押しをする共依存の人の自己のあり方、両者のコミュニケーション・スタイル、女性と依存症、本人や家族の「回復の場」として、「家族教室」を開催し、病的賭博の家族への援助活動を通じ、当事者主体の回復を目指している。


佐藤 香(NPO法人全国女性シェルターネット事務局長、パープル・ユニオン執行委員長)

北海道でDV被害者支援に携わり、DV環境下に置かれた子どもたちのサポートスタッフとして活動。高校や専門学校、大学でデートDVの出前講座で講師をつとめる。現在は、DV・性暴力被害者支援のほか、職場のセクシュアルハラスメント被害者の支援活動を行っている。


【お知らせ】「よりそいホットライン」からみた若者の課題を考える よりそいシンポジウム

終了しました。ありがとうございました。

LGBTなどセクシュアル・マイノリティの生きづらさや、デートDV、スクールセクハラ、性被害など、気づかれにくい子ども達の性の悩みについて現場の声から考えるシンポジウムです。


若者の課題を考えるよりそいホットライン報告会チラシ

【よりそいホットライン報告会&シンポジウム】
「よりそいホットライン」からみた若者の課題を考える


日時:


平成29年3月11日(土)
14:00〜16:30(開場13:30)


会場:


御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 1階 ROOM C 定員140名

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター アクセスサイト(別サイトに移動します)
千代田区神田駿河台4-6 (御茶ノ水駅 徒歩1分)


プログラム


1. 事業報告 一人ひとりに寄り添うこと
熊坂 義裕 (一般社団法人社会的包摂サポートセンター 代表理事)


2. よりそいほっとラインへの相談から見える広域避難者・被災者の今
松田 曜子 氏(長岡技術科学大学 准教授)


3. 教育現場との協働 〜暗黒だった教室に光をとりもどす〜
鈴木 富美子 氏 (プラウド岡山 代表)
八田 凜子 氏(同団体 事務局)


4. 相談からみる若い女性~その問題と取組について宮城から〜
八幡 悦子 氏(NPO法人ハーティ仙台 代表)

入場料無料/要申込/手話通訳あり


主催・後援


主催:一般社団法人社会的包摂サポートセンター

後援:内閣府、公益財団法人東京都人権啓発センター

協力:NPO法人共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク、一般社団法人若草プロジェクト、ワーカーズコープ、労働者福祉中央協議会


【お知らせ】福島から若者の課題を考える よりそいシンポジウム

終了しました。ありがとうございました。

LGBTなどセクシュアル・マイノリティの生きづらさや、デートDV、スクールセクハラ、性被害など、気づかれにくい子ども達の性の悩みについて現場の声から考えるシンポジウムです。



【よりそいホットライン報告会&シンポジウム】
福島から若者の課題を考える
〜先生も気がつかなかった、学校内の隠された悩み〜


日時:


平成28年12月23日(金・祝日)
14:00〜16:30(開場13:30)


会場:


福島テルサ 3階 あぶくま ※申込制 ※参加無料

福島テルサ アクセスサイト(別サイトに移動します)


プログラム


主催者挨拶:


熊坂 義裕(一般社団法人社会的包摂サポートセンター 代表理事)


基調講演:


「誰にも支配されず気持ちよく生きるために」

二瓶 由美子 氏(桜の聖母短期大学キャリア教養学科 前教授)

 

「学校現場とセクシュアル・マイノリティの子どもたち」

前川 直哉 氏(一般社団法人ふくしま学びのネットワーク 理事・事務局長)

 


パネルディスカッション:


「本当はあるのに、見えない・言えない・言いたくない」

パネリスト▶ 二瓶由美子氏、前川直哉氏、若者など

 


主催・後援


主催:一般社団法人社会的包摂サポートセンター

後援:福島県教育委員会、福島市教育委員会

協力:一般社団法人リエゾン、ダイバーシティふくしま、

     一般社団法人ふくしま学びのネットワーク、女子の暮らしの研究所


【お知らせ】生活困窮者自立支援制度とよりそいホットラインの連携シンポジウムご案内

生活困窮者自立支援制度とよりそいホットラインの連携シンポジウム開催のご案内です。本シンポジウムは、秋田市と当法人との共催企画です。



生活困窮者自立支援制度と
よりそいホットラインの連携シンポジウム
〜よりそい続ける支援とは〜


日時:


平成28年11月25日(金)
10:30〜16:30(開場10:00)


会場:


秋田市文化会館 小ホール(定員400名) ※参加無料


講師:


  • 鏑木奈津子氏(厚生労働省社会・援護局地域福祉課 生活困窮者自立支援室 自立支援企画調整官)
  • 朝比奈ミカ氏(中核地域生活支援センターがじゅまる 所長)
  • 佐藤博氏(社会福祉法人雄勝福祉会 人材育成次長)

申込方法:


PDFをダウンロードして一読のうえ所定の方法でお申し込みください。


ファイルイメージ

ダウンロード