トップページお知らせ

【お知らせ】「よりそいホットライン」からみた若者の課題を考える よりそいシンポジウム

終了しました。ありがとうございました。

LGBTなどセクシュアル・マイノリティの生きづらさや、デートDV、スクールセクハラ、性被害など、気づかれにくい子ども達の性の悩みについて現場の声から考えるシンポジウムです。


若者の課題を考えるよりそいホットライン報告会チラシ

【よりそいホットライン報告会&シンポジウム】
「よりそいホットライン」からみた若者の課題を考える


日時:


平成29年3月11日(土)
14:00〜16:30(開場13:30)


会場:


御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 1階 ROOM C 定員140名

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター アクセスサイト(別サイトに移動します)
千代田区神田駿河台4-6 (御茶ノ水駅 徒歩1分)


プログラム


1. 事業報告 一人ひとりに寄り添うこと
熊坂 義裕 (一般社団法人社会的包摂サポートセンター 代表理事)


2. よりそいほっとラインへの相談から見える広域避難者・被災者の今
松田 曜子 氏(長岡技術科学大学 准教授)


3. 教育現場との協働 〜暗黒だった教室に光をとりもどす〜
鈴木 富美子 氏 (プラウド岡山 代表)
八田 凜子 氏(同団体 事務局)


4. 相談からみる若い女性~その問題と取組について宮城から〜
八幡 悦子 氏(NPO法人ハーティ仙台 代表)

入場料無料/要申込/手話通訳あり


主催・後援


主催:一般社団法人社会的包摂サポートセンター

後援:内閣府、公益財団法人東京都人権啓発センター

協力:NPO法人共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク、一般社団法人若草プロジェクト、ワーカーズコープ、労働者福祉中央協議会


【お知らせ】福島から若者の課題を考える よりそいシンポジウム

終了しました。ありがとうございました。

LGBTなどセクシュアル・マイノリティの生きづらさや、デートDV、スクールセクハラ、性被害など、気づかれにくい子ども達の性の悩みについて現場の声から考えるシンポジウムです。



【よりそいホットライン報告会&シンポジウム】
福島から若者の課題を考える
〜先生も気がつかなかった、学校内の隠された悩み〜


日時:


平成28年12月23日(金・祝日)
14:00〜16:30(開場13:30)


会場:


福島テルサ 3階 あぶくま ※申込制 ※参加無料

福島テルサ アクセスサイト(別サイトに移動します)


プログラム


主催者挨拶:


熊坂 義裕(一般社団法人社会的包摂サポートセンター 代表理事)


基調講演:


「誰にも支配されず気持ちよく生きるために」

二瓶 由美子 氏(桜の聖母短期大学キャリア教養学科 前教授)

 

「学校現場とセクシュアル・マイノリティの子どもたち」

前川 直哉 氏(一般社団法人ふくしま学びのネットワーク 理事・事務局長)

 


パネルディスカッション:


「本当はあるのに、見えない・言えない・言いたくない」

パネリスト▶ 二瓶由美子氏、前川直哉氏、若者など

 


主催・後援


主催:一般社団法人社会的包摂サポートセンター

後援:福島県教育委員会、福島市教育委員会

協力:一般社団法人リエゾン、ダイバーシティふくしま、

     一般社団法人ふくしま学びのネットワーク、女子の暮らしの研究所


【お知らせ】生活困窮者自立支援制度とよりそいホットラインの連携シンポジウムご案内

生活困窮者自立支援制度とよりそいホットラインの連携シンポジウム開催のご案内です。本シンポジウムは、秋田市と当法人との共催企画です。



生活困窮者自立支援制度と
よりそいホットラインの連携シンポジウム
〜よりそい続ける支援とは〜


日時:


平成28年11月25日(金)
10:30〜16:30(開場10:00)


会場:


秋田市文化会館 小ホール(定員400名) ※参加無料


講師:


  • 鏑木奈津子氏(厚生労働省社会・援護局地域福祉課 生活困窮者自立支援室 自立支援企画調整官)
  • 朝比奈ミカ氏(中核地域生活支援センターがじゅまる 所長)
  • 佐藤博氏(社会福祉法人雄勝福祉会 人材育成次長)

申込方法:


PDFをダウンロードして一読のうえ所定の方法でお申し込みください。


ファイルイメージ

ダウンロード


平成28年度 若年層を対象とした女性に対する暴力の予防啓発のための研修のご案内


平成28年度 若年層を対象とした女性に対する暴力の予防啓発のための研修のご案内

 若年層における女性に対する暴力の被害は、深刻化、複雑化しています。SNS やLINE など、新たな情報伝達ツールを使った関係性の中の被害も増える傾向にある中、予防啓発事業を企画する皆さん、被害女性の支援にあたる皆さんも、試行錯誤を重ねておられると思います。
 今回は、若年層に対して教育・啓発の機会を多く持つ指導的立場にある方、地方公共団体において若年層を対象とした女性に対する暴力の予防啓発事業を担当している行政職員及び若年層を対象とした女性に対する暴力の予防啓発事業を行っている民間団体の方々を対象として、若年女性に対する暴力の現状や支援手法について、有識者から学び、一緒に考えます。

http://279338.jp/seminar/