• 第3回生活困窮者によりそう相談員のためのスキルアップセミナー

プライバシーポリシー

(利用目的について)

センターの個人情報の取扱いに係る利用目的

一般社団法人 社会的包摂サポートセンター及び地域センターでは、個人情報を以下の業務内容および利用目的の達成に必要な範囲において取扱うこととし、その範囲を超えて取扱いはいたしません。
なお、特定の個人情報の利用目的が法令等に基づき別途限定されている場合には、当該利用目的以外での取扱いはいたしません。

近年、地域、家庭、職場のつながりが薄れ、社会的に孤立し、生活困難に陥るリスクが増大しております。特に東日本大震災の発生により、被災地をはじめ、全国的に社会的排除のリスクが急速に高まっております。また、生活困難の事象が多様化する中で、様々な支援にたどり着くことができず、生活困難が深刻化する例も見られます。
このため、生きにくさ、暮らしにくさを抱える方々に対し、いつでも、また、全国どこからでも、電話による相談を受けて悩みを傾聴するとともに、必要に応じ、面接相談や同行支援を実施して具体的な問題解決に繋げる支援事業(「社会的包摂ワンストップ相談支援事業」、「寄り添いホットライン」事業)を実施することにより、社会的包摂の推進を図ることを目的としております。

(お問い合わせ先について)

開示等のご請求等またはご意見・ご要望につきましては、下記の窓口までお申し出ください。

コンプライアンス・プライバシー担当
 電話:03-6261-2841(全国被災3県以外からの方)
 電話:03-6261-2843(被災3県岩手、宮城、福島在住の方のみ)
 受付時間:月曜日,水曜日,金曜日の午後1時~午後4時
 ※ただし、12月30日~1月4日、5月3~5日、および祝日・振替休日・国民の休日を除く

<個人情報の主な取得方法および外部委託している主な業務について>

【個人情報の主な取得方法】

センターは以下のような方法により個人情報を取得する場合があります。
相談者からFax送信、メール送信や電話での口頭で提供を受ける場合
相談者にご記入・ご提出していただいた書類等により提供を受ける場合
共同利用者(地域センター)から提供を受ける場合
市販の書籍に記載された情報や、新聞やインターネットで公表された情報を利用する場合

【外部委託をしている主な業務】

○センターは業務の一部を外部委託しております。また、センターが個人情報を外部委託先に取り扱わせている業務には以下のようなものがあります。
相談者に対する相談・付添等の支援業務