一般社団法人社会的包摂サポートセンターは無料の電話相談「寄り添いホットライン」を中心に活動しています。

社会的包摂サポートセンター

トップページ | コンタクト | サイトマップ
寄り添いホットライン

こんなことで悩んでいませんか?(お悩み別資料)

心の悩み

 Thumbnail image

孤独 > いろいろ考えていたら眠れなくて・・。

そういう日ってありますね。 早く眠ろうと思えば思うほど眠れないし、暗闇で天井を眺めていると、悲しかったことやつらかったことばかりが浮かんできますね。 どうしてあの時、自分はこうしなかったのだろう、あぁしていればよかったのかも・・とか、どうしてあの人はあの時こうしてくれなかったのかしら・・、と、悲しかったことや悔やまれることばかりが思い出されてしまうのは、闇のせいでしょうか。  眠れないときは、思い切って起きてしまい、好きな本を読んだり、好きな音楽を聴く。 ゆっくりとココアやミルクを飲むのもいいです。できればホットがおすすめです。 一人ぼっちな気分の時には、声を出して楽しい絵本を読むのもいいですよ。 どうしても悲しいときには、我慢しないで大声で泣いてしまいましょう。 真夜中に淋しいとき、よりそいホットラインに電話をしたのに、ずっとつながらなかったのよ・・と怒らないでないでください。真夜中にお話し中の音が続くとき、そのときは日本中にたくさんの眠れない誰かがいるときです。北海道のあの人、九州のこの人、東京のその人・・・たくさんの人が今、あなたと同じ瞬間に一人ぼっちを感じています。ね、本当はあなたは一人ぼっちではありません。あなたと同じように、眠れなくて淋しい夜を誰かさんも一緒に過ごしています。 いつもお薬で眠っている人は、眠れない日もあることを、主治医の先生に伝えてみてください。「時々眠れない」くらいなら、そんな日もあると考えて大丈夫です。 明日、朝が来たらちょっと散歩にでてみませんか? ゆうべ眠れなかった誰かさんにどこかで出会うかもしれません。

 Thumbnail image

絶望 > 生きている意味がわからない。死んでしまいたい・・。

真っ暗なカーテンに包まれて、身動きできない気持ちでしょうか。 何をやってもひどく悲しく、こんな悲しみばかりの時間はもういらないと思えてしまう。  頑張ってやってきたことが誰にも認めてもらえない、大事にしてきたものが壊れてしまった、大切な人を失ってしまった、誰にもわかってもらえない・・・。自分にはもう何も残っていない。何一ついいこともないのに、生きている意味ってなんだろう。 そんな気持ちになる、ひどく悲しい日ってありますよね。わかります。 思えばつらいこと、たくさんありましたね。失敗したり、上手くいかなかったり、なんでこうなってしまうんだろうって。 今、あなたの心は悲しいことが重量オーバーになっていませんか?  たくさんの悲しかったこと、誰かに話すことができないときは、紙に書いたり声に出したりして、心の外側に出してみましょう。抱え込んで苦しむのは少し休憩しませんか。  一番、悲しかったことは何ですか。一番、悔しかったことはなんですか。 どんな自分を探していましたか。「なぜ、どうしてなの」と叫びながら泣いてもいいですよ。抱え込んだまま消えていくのは「あなた」がもったいない。心をいっぱいにしているものを書いて丸めて、エイッと壁にぶつけてみるのはどうですか。少し、吐き出せた気持ちになりませんか。  ぐちゃぐちゃの押入れを整理すると、意外にまだまだ余裕があったりするものです。 心の押入れをあけて、中身を全部出してみてください。いらないものも結構あるはず。空いた隙間に、あなたがまだ生きている意味がこれから埋まっていくのだと思います。 あなたという存在をそこにたくさん残してみてください。  みんなもあなたと同じように、もがきながら一緒に生きていきますから。

About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | ©2011 一般社団法人社会的包摂サポートセンター