ポルノ被害者支援マニュアル

ポルノ被害者支援マニュアル



▼一般社団法人社会的包摂サポートセンター 編集・発行
▼ポルノ被害と性暴力を考える会 監修
▼判型 A5
▼頁数 39頁
▼発行日 2016年2月19日
▼価格 無料配布

訴えづらい「性被害」のひとつとしてのポルノ被害。新しい課題であり、相談の中から徐々に「被害」が浮き彫りになってきています。相談支援に取り組む支援者が孤立しないためにも、現場で活用していただければと思っています。


目次
第1部 ポルノ被害の概念とその類型
 第1章 ポルノ被害ということ: 1 今は、まだ名前のない 性被害があります / 2 「あなたは悪くない」――被害を受けた人へ
 第2章 ポルノ被害の類型
 第3章 ポルノ被害の実態: 1 商業ポルノの制作現場で起きている被害 / 2 盗撮の被害と強制撮影の被害 / 3 私たちの身近にある環境ポルノ被害 / 4 私的な関係の中で起きている被害 / 5 消費被害と社会的被害 / 6 「着エロ」という名の新しい児童ポルノ / 7 子どもを性的対象とする漫画・アニメ・ゲーム
 第4章 ポルノ被害に対する取り組み: 1 売り場を限定するゾーニング / 2 ネットを通じた被害を防止するために―――フィルタリングとブロッキング / 3 法的規制について

第2部 被害者への支援(ポルノ被害者版)
 第5章 支援の方法: 1 支援者のための初回面接の作法 / 2 被害者支援のネットワーク作り
 第6章 相談機関・通報先の一覧